スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七人の侍

七人の侍黒沢明監督・脚本による映画の題名。昭和29年(1954)公開。白黒作品。農村を荒らす野武士に立ち向かう浪人と農民たちの戦いを描く。
引用:デジタル大辞泉

1.七人の侍(昭和)
昭和33年の夏場所で11勝4敗の成績で並んだ、7人の十両力士のこと。
後に全員が幕内で活躍した。以下に昭和33年夏場所当時の番付を記す。

若秩父(わかちちぶ)  当時:西十両6枚目             最高位:関脇
富樫(とがし)       当時:西十両10枚目)※後の柏戸     最高位:47代横綱
北葉山(きたばやま)  当時:東十両13枚目)            最高位:大関
明歩谷(みょうぶだに)  当時:西十両18枚目)※後の明武谷   最高位:関脇
若三杉(わかみすぎ)  当時:西十両22枚目)※後の大豪    最高位:関脇
冨士錦(ふじにしき)   当時:東十両23枚目※後の富士錦    最高位:小結
玉響(たまひびき)    当時:西十両24枚目             最高位:前頭2枚目


2.七人の侍(平成)
外国人力士が台頭する角界で、活躍が期待されている若手日本人力士7人のこと。
平成19年末、テレビ番組で舞の海によって命名された。

豊真将(ほうましょう)     最高位:小結
豊ノ島(とよのしま)      最高位:関脇
琴奨菊(ことしょうぎく)    最高位:大関
豊響(とよひびき)       最高位:前頭2枚目
豪栄道(ごうえいどう)    最高位:大関
稀勢の里(きせのさと)    最高位:大関
栃煌山(とちおうざん)    最高位:関脇

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。