スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三役

さん‐やく【三役】相撲で、大関・関脇・小結のこと。現在は横綱も含めていう。
引用:デジタル大辞泉

三役一覧
小結 こ-むすび
 前頭筆頭(一枚目)またはその付近で勝ち越す、あるいは幕内上位で大きく勝ち越すことで昇進できる。
 東西一枚ずつの計2名が必ず存在する。
 負け越すと平幕へ陥落する。

関脇 せき-わけ
 小結で勝ち越し、時の関脇が負け越した場合に昇進できる。
 時の小結と関脇が負け越した場合、前頭上位から一気に昇進できることがある。
 東西一枚ずつの計2名が必ず存在する。
 負け越すと小結以下へ陥落する。

大関 おお-ぜき
 「大関取」に由来する。昇進の基準は非公開。
 マスコミによれば、「三場所連続で三役にあり、その通算成績が33勝以上」が基準の目安とされる。
 東西一枚ずつの計2名が必ず存在する。空きの場合には横綱が「横綱大関」として大関を兼任する。
 横綱大関でも足りない場合は関脇・小結から繰り上げる。
 大関と関脇の間には待遇や給与などの面で大きな差がある。
 二場所連続で負け越すと関脇以下に陥落する。

横綱 よこ-づな
 番付における最高位の称号。すべての力士を代表する存在。
 大関の地位で二場所連続優勝またはそれに準ずる成績をあげた後、横綱審議委員会(横審)に諮問する。
  その結果、横審により「横綱としての資質がある」と判断された場合にのみ任命される。
   横綱としての資質とは、その地位にふさわしい品格と、抜群の力量のこと。
 横綱には降格がなく、引退によってのみその地位を手離す。
  これは特権のようにも見えるが、横綱である限り常に最高レベルの相撲をとることが求められる。
  大関以下は体力が衰えてもそれに見合った地位で相撲をとることができるが、横綱にそれは許されない。


三役用語
看板大関
 江戸時代には、実力が伴わなくとも大きくて見栄えがある力士を大関に任命するようなことがあった。
 そのため、当時の最強力士が関脇だったという例も多かった。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。